カテゴリー
旅行

【名古屋観光】名古屋城本丸御殿、中部電力ミライタワー

2023年12月28日に、名古屋の日本ガイシホールにて松任谷由実のコンサートがあり行きましたが、その前に、音楽仲間4人で名古屋観光をしました。

DSC_0204

最初に訪れたのは、テレビ番組でも紹介された海鮮丼で有名な「海鮮処 杉本」です。

激安・高級海鮮丼なら名古屋市緑区の海鮮処 杉本 (kaisen-sugimoto.com)

溢れるばかりの海の幸が厚切りでご飯の上に並べられています。このボリュームで税込み1000円は安すぎます。めちゃくちゃ美味しくて、外は平日でも行列ができます。

DSC_0206
DSC_0206

次に、名古屋城へ行きました。以前訪問したときは、天守閣に入った記憶があるのですが、耐震的な問題で、現在は中へ入れないと表示がありました。

その代わりと言ってはなんですが、テレビなどでもよく紹介されております本丸御殿に行ってきました。後で再現された建物になります。木なども新しくて、昔の建物という感じはありませんが、でも考え方を変えれば、当時建てられたときには、こんな新しい感じだったのだろうと推測できます。

襖や壁の、金箔に書かれた絵が立派で、見応えがありました。

DSC_0209

お次はテレビ塔です。今は「中部電力ミライタワー」と名称を変更しているようです。塔の外観も小奇麗に光っており、また、前の公園も、商業施設が立ち並んでおりました。

個人的に言いますと、以前のように商業施設が地下で、地上部分が緑豊かな公園である方が、好きではありますが、人が集まるスポットとしてはこの方がいいのかもしれません。

DSC_0214

18時半に日本ガイシホールで開演の松任谷由実コンサートを、なんとか開園に間に合わせられる形で見ることができました。その様子は、前回のブログにて紹介させてもらっています。

【松任谷由実】50周年コンサートツアー千秋楽12月28日見て感動 – GoronyanのDTMマインド~音楽と日常のこと (thegoronyan25.com)

2023年最後の楽しい旅行でした。この後、年末年始はずっと、昼も夜も別の場所で皿洗いのバイトを入れております。空き時間には、ココナラでの作曲や編曲の作業をする予定です。

今年一年を漢字一文字で表しますと、何と言っても「金」になります。金メダルの金ではなく、金銭の金です。昨年働いていた建築会社が倒産し、その後失業保険で食べていましたが、4月頃から造園の仕事を、親方の元で始めました。

その後、皿洗いのバイトを一つ入れ、最近新しく一つ入れ、借金と戦いながら、なんとかやりくりしている状態です。金銭的に綱渡りです。苦しいながらも、人の協力もありなんとか切り抜けている現状が不思議ですらあります。

来年の一文字を年末に振り返ったときに、「夢」という文字が出れば、いいとイメージします。

今年一年、ブログを読んでいただいてありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

カテゴリー
旅行 音楽批評

【松任谷由実】50周年コンサートツアー千秋楽12月28日見て感動

DSC_0214

2023年12月28日、松任谷由実50周年のコンサートツアーの千秋楽(ファイナル)を、見てきました。

名古屋にあります日本ガイシホールにて、17時半入場、18時半開演となりました。

昨年2022年7月5日にデビュー50周年を迎え、今年5月よりスタートした全国アリーナツアーが、この日、ファイナルを迎えました。

ツアーのタイトルは「50th Anniversary 松任谷由実コンサートツアー The Journey」です。

開園の10分前に急いで会場に入りました。チケプラというスマホアプリにて、前もってチケットは取っていたのですが、スタッフの方がスタンプの形をした機械で、見せた電子チケットにスタンプを押すように重ねると、入場済のマークが電子チケットに現れます。

紙の媒体でチケットを以前は購入しておりましたが、時代の移り変わりを感じます。この電子チケットにより、チケットの転売などの行為が、ほとんどできなくなりました。

席は2階席の後方部分でした。一緒に行った音楽仲間の1人が、今回のコンサートツアーの大阪公演にも行っていまして、そのときはアリーナ席だったらしいです。

近くにいて顔の表情などが分かる分、近すぎて全体が見渡せないため、2階の席に当たって全体が見渡せてよかったと言っておりました。

開場の中央に巨大な海賊船のセットが設置されます。この海賊船のセットについてテレビでも解説されておりましたが、大型トラック何台分にもなるのだとかです。

海での航海をテーマにコンサートは進んでいきます。「船長は私です」とユーミンによるMCもありました。また、航海日誌で、何日目に何がおこったとか何を感じたとか、そんなことも途中で朗読されたりしました。

バンドメンバーは武部総志ひきいる7名、驚異的な身体能力を持ったパフォーマー9名により、演じられました。

パフォーマーが宙づりになり、ロープをつかみ、ブランコのように揺れたり、まるでサーカスを見ているかのような演出は、ユーミンのコンサート独特のものですね。

他に、丸い円柱状の半透明のカーテンが天井からつるされ、そこに映像が映され、中でユーミンが歌うというのは、とても幻想的でよかったです。

また、龍に乗って歌う演出では、紅白の小林幸子を連想させました。

また、イルカの風船が空を泳ぐように飛んでいるのも個人的によかったでした。

無線制御式のフラッシュライトと呼ばれるLEDライトが席に配布されています。腕時計のように手につけたりすることにより、ペンライトの代わりになります。

このアイテムの何が凄いかと言いますと、コンピューターで制御されているであろう、会場全体を包む光の演出がされるということです。

ライトがついたり、消えたり、また色を変えたりと、お客さんがもつそれぞれのライトが、会場全体をイルミネーションのように演出されます。

曲の雰囲気により、その効果が変わるので、これを考えた人は凄いと、個人的に思いました。曲でインパクトがある部分で一斉に点灯したりします。

50周年記念ということで、各年代のヒット曲を織り交ぜていて、最初から最後まで目が釘付けのまま、夢中状態のままコンサートを見終えることができました。

私にとって久しぶりのコンサートとなりましたが、今のコンサートは途中でトイレ休憩とかはないんですね。いつもトイレが近い私ではありますが、この日はコンサートに集中していたせいか、トイレにも行かずに全て目に収めることができました。

以下はセットリストになります。

~セットリスト~

1. 心のまま
2. WANDERERS
3.  リフレインが叫んでる

MC

4.  ただわけもなく
5.  満月のフォーチュン
6.  TYPHOON
7.  青いエアメイル
8.  紅雀
9. あの日に帰りたい

MC

10. さまよいの果て波は寄せる
11. セイレーン
12. Blue Planet
13. Delphine
14. LOVE WARS
15. Now Is On

MC

16. 星空の誘惑
17. 埠頭を渡る風
18. 真夏の夜の夢
19. 航海日誌

アンコール1回目

20. 守ってあげたい
21. やさしさに包まれたなら
22. 春よ、来い

アンコール2回目

23. 瞳を閉じて

アンコール3回目

24. 卒業写真

コンサートはセットリストを事前に見ずに鑑賞しましたが、アンコール1回目の「守ってあげたい」のコーラスが流れたとき、なんかジーンと感動してしまいました。

「やさしさに包まれたなら」では、歌える人は皆さんも歌ってください、と呼びかけられましたので、会場全体で大合唱です。もちろん私も歌詞を見ずに歌えます。

アンコール2回目ではメンバー紹介の後「瞳を閉じて」が歌われました。このときに、客席ではチラホラと帰り始める人がいたのですが、アンコール3回目がありました。

コンサートの総監督であります旦那様の松任谷正隆が呼ばれ、正隆さんのピアノ演奏で、「卒業写真」が歌われました。ユーミンにとって、この曲だけは物真似で歌わないでほしい、と願ったほど、思い入れの深い一曲です。

最後の曲ではあのユーミンも涙をこらえながら歌っておりました。こんなに感動したコンサートは初めてです、と言っておりました。

コンサートの後、グッズ売り場、の他に、コラボアルバム「ユーミン乾杯」のパネルをバックに、スタッフさんにより写真を撮ってもらいました。

DSC_0216

コンサートホールを出たところで、ユーミンの物真似で有名なある方とたまたま出会いました。音楽仲間の1人は以前に面識があるらしく、名刺交換と写真を撮っておりました。

おそらく私が1人でしたら、このコンサートに来ることはなかったと思われますから、誘ってくれた音楽仲間に感謝します。

カテゴリー
自作曲紹介

【ボーカロイド作曲コンテスト】一次選考通過TikTokで使って!

一次選考結果 | Music Research Contest 2023 AUTUMN – 実証実験企画:VOCALOID作曲コンテスト | Audiostock(オーディオストック)

オーディオストックとヤマハが実験的に企画しましたボーカロイド作曲コンテストがあり、そちらに、私は3作品応募させていただきましたが、3作品ともに一次選考を通過いたしました。パチパチパチ!

上記のリンクにて、部門B、TikTok/SNSでの人気曲の方に、「TheGoronyan25」の名前で3作品応募しましたが、3作品ともに一次選考を通過いたしました。

応募された作品数と通過した作品数を比較しますと、2曲に1曲は通過していることになりますから、まあ少し自信は持てました。

二次選考で考慮されるのが、なんと、TikTokでどれだけ曲が使用されているのか? なんです。

つまり、誰かがいい作品を選ぶ、のではなく、皆様が、これがいいね、とTikTokで使っていただける、その数で競争されることになります。

本人投稿、友人からの投稿もOKとのこと。ただし、作曲者本人による投稿は、一日一回を上限に30回までOKとのことです。

もし、隠れGoronyanファンがいらっしゃったのでしたら、TikTokで投稿していただけると、涙が出るほど嬉しく思います。ただ、その特典で何かメリットをつけてしまうと、コンプライアンス的に問題が生じる可能性もありますので、それはできませんが、もしこの曲を使ってみたいと思われたのでしたら、使っていただけるととても嬉しく思います。

TikTokでの動画の投稿の仕方を解説します。

①TikTokに入り、+の印のプラスボタンを押します。

②10分、60秒、15秒、写真、と選ぶことができますが、一般的な60秒、もしくは15秒が使いやすいです。

③時間を選択しますと、上方に「楽曲を選ぶ」を選択できます。

④検索のところで、曲名もしくはアーティスト名を入力します。私の曲の場合は、「thegoronyan25」と入力し、検索します。

⑤「TheGoronyan25」の曲のうち、「ボーカロイド作曲コンテスト」のアイコンがある3曲のうち、1つを選択します。再生ボタンを押しますと、曲を視聴することができます。

※このブログからも視聴できるようリンクを貼っておきます。

☆目指すはTop of the World↓(ボーカロイドKaori使用)

https://audiostock.jp/special/mrc2023/first_results/63

☆ひまわり畑↓(ボーカロイドVY1使用)

https://audiostock.jp/special/mrc2023/first_results/106

☆Wonderful Morment↓(ボーカロイドKen、VY2使用)

https://audiostock.jp/special/mrc2023/first_results/107

⑥動画録画ボタンを押しますと、曲が始まると同時に録画が始まります。ボタンを押している動作も動画に入ってしまうため、カウントダウンの設定をしておく方がいいですね。

⑦いいテイクが録画されるまで、何度でもやり直しすることもできます。「←」ボタンを押した後、「×」を押しますと、破棄する、やり直す、などの指示ができます。いいテイクが録画できましたら、テキストなども入力できます。その後、下の「次へ」を押します。

⑧動画に対する説明などを入力、ハッシュタグで「#元気が出る曲」などタグ付けすることもできます。その後、下の「投稿」を押せば、動画が投稿されます。

SNSでの宣伝もOKということですから、このブログでの発信は大丈夫になります。

最近自分の金銭的な事情で苦しい状態が続いているものですから、自分にとって少し嬉しい知らせでした。一日一つの投稿がカウントされますから、とりあえず、自分の曲それぞれ使って、この日投稿させていただきました。

カテゴリー
日常

【防災訓練】に参加して、消火器の使い方再確認しました

DSC_0026

2023年9月3日、9時に、町内の防災訓練に参加しました。今年は数年に一度の組長をさせてもらっていることもあり、各家への安否確認もさせていただきました。

数年前にこれをしたのかどうか覚えていません。

9時に地震が発生したことを想定し、組長が各家を訪問し、怪我など皆さんが大丈夫か確認し、そして家の損傷などがないか確認します。

これまでの震災でも、近所の助け合いで多くの人の命が助かっていますが、町内の交流、結束は、災害時には大きな威力を発揮すると言えますね。

その後、町内の空き地にて、防災訓練をしました。町内会長の挨拶、そして消防隊員による挨拶の後、消火器の使い方を実際に操作してみました。

消火器はこの日は消化液ではなく、水が注入されているものを使用します。

水が火のマークをした的に当たると、水圧で倒れるという仕組みです。

DSC_0027

消火器の使い方は、意外と簡単ですので、このブログを読んだこの機会に覚えてくださいませ。

①黄色いピンを引っこ抜く

②ホースを火の方向に向け、レバーを握る

たったこれだけなんです。簡単でしょ。でも、これが一度もしたことがないと、火事のときパニックに陥ってますから、ピンを弾かずにレバーを握って出なかったりするんですね。

家にある消火器を確認しました。もう十年以上前のものかと思っていましたら、数年前でまだ使用期限には達していませんでしたので安心です。

自宅にある消火器の期限が過ぎていないかは、皆さん必ずこの機会に確認お願いします。何気ない日頃の確認が、いざというときの明暗を左右します。


ここからの記事はプロモーションが含まれます。

話は変わり、このブログでも紹介させてもらいました、乃木坂46の真夏の全国ツアー東京公演をU-NEXTにて視聴しました。私は、同時には視聴できなかったので、リピート配信にての視聴です。

乃木坂と言えば、一期生が全員卒業し、世代交代が進んでいます。私は最近の乃木坂の動向についてほとんど知りませんでしたので、全員知らない顔になってしまいました。

多く曲がある中で、知っている曲は「シンクロニシティ」だけでしたが、この曲が物凄くおごそかな蝋燭の炎の中歌われたこともあり、少し感動してしまいました。

「インフルエンサー」は今回は意外にも歌われませんでした。

実は月会費がかかるため、8月一杯でU-NEXTを解約するつもりでしたが、8月31日に見ようと思っていた乃木坂のコンサートがチケットが19時以降買えなかったこともあり、解約を今回はやめました。

私はギリギリの金欠状態のため、解約のことを考えますが、動画のサブスク、ビデオオンデマンドのサービスは、月定額払えば見放題作品でしたら何回でも見放題ですので、今、映画やコンサートなど見るなら、ビデオオンデマンドの一択だと思います。

中でもU-NEXTは、見放題作品数が全国一位ですので得にオススメします。

31日間は無料トライアル期間ですので、無料で見放題作品について視聴することができます。

月額プラン2189円(税込み)がなんと無料で最初使えます。おまけに、600円分のU-NEXTポイントがプレゼントされます。

カテゴリー
日常

市民夏のにぎわいフェスタ2023、伊賀市銀座通り歩行者天国で開催

DSC_0852

2023年8月19日三重県伊賀市で、「市民夏のにぎわいフェスタ」が、銀座通りを歩行者天国にして本格的に開催されました。

コロナで何年か中止となってまして、昨年は規模を小さくしての開催だったのですが、今年は、銀座通りを歩行者天国にしての本格的な開催となりました。

銀座通りには、祭りの屋台の他、市民による楽市楽座と呼ばれるフリーマーケットがありました。

銀座通りでは、堀川ガソリンスタンド前のステージがあり、銀座駐車場もイベントができるようになっておりました。またハイトピア前の駐車場もイベントブースになっておりました。

数年前にはあった本町通りは、今回は歩行者天国ではなく、一般の出店がちらほらある程度で、数年前に比べ、若干規模は小さくはなっている印象です。

DSC_0856

金銭的に綱渡り状態の私ですが、祭りの屋台で「10円パン」を買いました。なんと、あんなに大きいパンが10円で買えるなんて、夢のようです! なんてことはありません。

DSC_0857

10円玉の形をしたパンです。チーズ味が一番人気ですね。パン一杯にチーズクリームが入っています。この味は本当に好きですね。大阪の心斎橋近くでこの店があり買ったことがあります。

実はこの日、朝からカンカンという金属を叩く音が寝床の外から鳴り響いていました。ステージが組まれる音です。この音は去年はありませんでした。本当に数年ぶりに聞く心地よい音です。

11時からステージで、ダンスのショーが開催されました。私はYouTube用の動画撮影をしていました。12時から16時まで飲食店にて皿洗いのバイトがあるため、祭りはあまり楽しめません。

バイトの後、車を借りている駐車場に停めた後で、動画撮影の続きをして、そして、梅あいりさんの路上ゲリラライブの撮影係を務めました。

DSC_0858

上野市駅近くの北伊勢上野信用金庫前にてライブを行いました。事前準備がちゃんとできていて、とてもよかったです。

後半部分はピアノ伴奏での歌もとてもよかったです。私が作曲させてもらった「トナカイにのって」もピアノ伴奏で歌っていただきました。ピアノは私ではありません。

伊賀市ということで、梅あいりさんの知り合いの方がいらっしゃったり、また、ライブの途中で一緒に歌いませんかと、中学生のイケメン男性が梅あいりさんに声かけてきて、ライブが終わった後で、マイクだけで歌を歌ったりしていましたが、ライブの途中でそんな提案をしてくる人は、私も出会ったのは初めてです。

結構歌はうまかったです。それにパッと見、20歳ぐらいに見えたので、物凄く成熟している印象です。

その人が歌った後で、女子中学生が寄ってきたから、かなりのイケメンです。とても不思議な出会いだと思いました。凄い度胸ですよね。ある意味、空気を読むということをど返しして、挑戦する姿勢は、私は恰好がいいと思いました。

カテゴリー
日常

台風7号(2023年)が盆休み中に、紀伊半島上陸、周辺の状況など

この記事には、プロモーションが含まれます。

2023年8月15日、お盆休み真っただ中のこの時期に、台風7号が紀伊半島から朝方に上陸しました。

私は飲食店にて、皿洗いのバイトをしていますが、前日にバイト中止の連絡がありました。店を営業中止にするかはまだ未定とのことでした。

また、私は町内で組長を今年はしていて、電話があり、明日の燃えるゴミの回収が台風のため、中止になったので、それを各家に報告するように指示されました。

観光業や飲食店など、連休のかきいれ時に、休まなくてはいけないのは、非常に痛手ではありますが、自然には逆らえないというところですね。

テレビで、ニュースで京都でのイタリア人で新婚旅行で来ている方のインタビューで、台風にあうのは生まれて初めてになりますと言っていました。

世界には台風がやってこない地域というのがあることを生まれて初めて知りました。世界のどこにあっても台風が来ると、ずっと思っていました。

なお、上の写真はネットでひろったもので、今回の台風のものではありません。

DSC_0845

昼に外の様子を見に、車で外出しました。朝のことを思えば、だいぶ風も弱まっている印象がありますが、それでも木々が揺れておりました。川も増水しています。

なお、この日の昼頃、規定降水量に達したため、名阪国道の伊賀インターから関インターまで通行止めとなりました。

DSC_0846

イオンに買い物に行きますと、こちらはちゃんと営業しておりました。意外とお客様は入っています。

樹木の葉が散乱して、自転車も横に倒れておりました。また、普段は人が少な目の飲食店が、この日も営業しているという理由からか、人が入っておりました。

DSC_0843

前日、元の嫁を外出に誘い、はま寿司で寿司を食べました。彼女にとっては3年ぶりぐらいの寿司です。トムヤンクンラーメンというのが新しく出ていたので、食べました。ラー油がきいていて、またエビは皮ごと食べられるようです。とても美味しかったです。

話は変わりますが、今年から会社勤めではなく、個人事業主として税金を納める必要があります。そのため、収入と経費を正確に、正直に申告するために、会計のサービスも検討しているところです。

下のリンクは弥生のクラウドでの会計サービスですが、一度使ってみようか検討中です。

カテゴリー
日常

【プラムスター5周年記念イベント】BBQ、カラオケ、花火観覧

DSC_0803

こちらの記事にはプロモーションが含まれます。

三重県伊賀市上野寺町にあります、「カラオケライブ梅星~プラムスター」が5周年となりました。5年前の7月7日七夕の日に開店しております。

CIMSエンターテイメントに歌手として所属の梅あいりさんが経営しております。

私は一周年の二か月ほど前にこのお店に通うようになりましたので私は4年以上通っていることになります。

2023年7月23日、5周年記念イベントが今回初めて屋外も含めて開催されました。

伊賀市の岩倉にあります、岩倉峡キャンプ場にてバーベキューをしました。飯盒炊飯にも挑戦しています。

キャンプ場とはいいますが、キャンプのテントを張ることもできますが、こちらでは日帰りで火を使って飯盒炊飯やバーベキューなどもすることができます。

マキと炭を用意してもらい、写真のように、U字溝を使って料理をすることができます。

苦労したのは、最初に火をともすことです。火をともすとはいえ、点火はライターでするのですが、新聞紙とマキなどを使ってもやすのですが、新聞紙は燃えてもマキがなかなか燃えません。

炭についても同じでなかなか燃えません。半時間ぐらい悪戦苦闘しましたがうまく行かず、キャンプ場の経営者に教えてもらいに行き、実際に火をつけてもらいました。

ガスバーナーで、時間をかけて火をつけてもらいました。火が使えるぐらい灯すには、ガスバーナーが一番確実な方法のようです。

ここのスペースは、上に大きなビニール製の屋根があり、雨の日でも火を使った料理をすることができます。

この日は、南米の人が大勢できていて、スペースを使って料理などを楽しんでおりました。その方たちは火は使わなかってませんでしたが、こちらが火を使って料理するのを見ておりました。

岩倉峡キャンプ場は、テントを張って宿泊などももちろんすることができ、宿泊の人のためにシャワー室も完備されております。

駐車場は10台ほど停めるスペースがありますが、台数が限られているため、車はなるべく乗り合わせて少ない台数で行った方がよさそうです。

肝心の料理の味ですが、普段ガスコンロで料理をするのに比べ、炭で焼くと、独特の香ばしさが出て、味が格段に美味しくなる気がしました。

DSC_0804

近くに「しあんばし」と呼ばれる長さ118mの吊り橋があり、その横は岩倉公園になっています。吊り橋へは階段を上って上がっていきます。

DSC_0805

橋の下には木津川が流れています。橋を渡った先には岩倉公園があり、アスレチックなどの遊具があります。この辺りは紅葉が綺麗らしいので、その季節にはオススメですね。

その後店の方でイベントがありますが、汗をかいたままだと汗臭いこともあり、伊賀市の一乃湯という銭湯に行きました。愛知県から来ている方と二人です。伊賀市は以前8つほどの銭湯がありましたが、今残っているのはここだけです。

昭和レトロな雰囲気を全面に出している銭湯で、脱衣場には昭和を感じさせるポスターやグッズがあり、独特の雰囲気を出しています。BGMで昔懐かしのラジオの音のような感じで、昭和の曲が流れていたりします。

上の写真はネットよりひろったものです。この日はもっと明るい時間でした。

カラオケライブ梅星~プラムスターに入り、17時過ぎよりイベント開始です。最初に店主の梅あいりさんのオリジナル曲の中から、一曲お客様により歌ってもらうというコーナーがありました。

その後、梅あいりさんによるスペシャルライブがありました。

この日は伊賀市の花火大会が行われます。店の前からの道だと、少し見にくいこともあり、花火会場近くのスーパー駐車場あたりまで、乗り合わせて車で行くことになりました。

STORYPIC_00281622_BURST230723202343

花火大会で考えることは皆同じなようで、スーパーやホームセンターの駐車場は満杯状態です。なんとか少しだけ停めるスペースがあり、外から観覧できたのはよかったでした。

花火も年とともに進化しているのか、以前は見たことがないような花火が上がり、そして近くから見る花火はとても見応えがありました。

誤算だったのは、花火の帰り道が大渋滞でなかなか進めなかったことです。駐車場から道まで出るのに時間がかかり、その後、道も大渋滞でしたが、混雑するであろう道をさけ遠回りして帰ったら3台中一番最初に到着しました。

その後、仕出し弁当を食べ、5周年ということで「5かGoのつく曲」と、そして梅あいりさんとのコラボ曲を歌って、長いイベントは終了しました。

私は5のつく曲として「五番街のマリー」を歌いました。実はこの曲は他の人と被っていましたが、その方が途中で帰ったため私もこの曲を変えずに歌いました。

5周年、決して順風満帆ではなかったようですが、苦労しながらもお店を続けられたことに、私も通わせていただいておりますので、深く感謝させていただきます。

「伊賀市 カラオケ」で上位に検索されますので、一度お寄りくださいませ。イベントなどでお店を開けられないときもありますので、電話予約は必須です。

カテゴリー
日常

津、鈴鹿へ用事、日乃屋カレー、帰宅後テレビでハモネプ視聴

DSC_0638

2023年5月27日、12時から15時半まで、飲食チェーン店の皿洗いをしましたが、その前に地元伊賀市である製品を鉄くずとして売り、その後津市のパーツ屋に工具を修理に出し、鈴鹿市の工具店にラジオを修理に出しました。

それら3件は仕事関係の用事として頼まれたものです。ちゃんと少し小遣いは出ます。ガソリン代を差し引けばほとんど儲けにはならないのですが、ただで鈴鹿あたりまでドライブできると前向きに考えよう。

用事の後、鈴鹿で日乃屋カレーという店に入りました。関東を中心に展開するカレーチェーン店です。私は横浜へ知り合いと行ったときにこの店は入ったことがあります。

DSC_0639

「名物カツカレー」の大盛を頼みました。カレーライスで、大盛が同じ値段というのはあまり他に知らないので、なんだかとても得をした気分になります。

ココイチと比べて、カレールーがどろっとしていて個性を感じさせます。ココイチはさらっとして主張していないのですが、日乃屋カレーはルーが主張している感じです。

カレーのチェーン店は、ココイチが日本一店舗が多く、その次は北陸を中心に店舗を伸ばすゴーゴーカレーだったと思うのですが、日乃屋カレーも、それらをおびやかす存在になるような気さえします。

味は、これぞカレーライスという安心できる日本人が好きな味だと思います。

メールを見て気づいたのですが、造園屋のホームページ作成をしているのですが、検索になかなかひっかからなかったのですが、本日グーグルプロフィールに掲載されたことの知らせが来ました。少しずつですが自分のした作業が形となって前進することは、とても嬉しいことです。

帰宅後、テレビを見ました。ハモネプはこれまでチラッとしか見ていなかったのですが、今日大学対抗のハモネプを見ました。優勝は関西学院大学です。ハモネプに関して言えば、関東勢より関西勢の方が強いようです。甲子園の野球も関東勢より関西勢の方が強いなど、勝負の世界では関西勢が強い傾向があるのかもしれません。とふと思いました。あまり統計的な根拠はありませんが。

なお優勝した関西学院大学のボーカルの男性は、競技カルタの日本一でもあるというのですから、天は二物を与えてしまったことになります。なお、ユニット名も「うたかるた」です。

(1) うたかるた【ハモネプ2023春🌸】(@utakaruta_crepa)さん / Twitter

ハモネプは音楽をやっている人なら知らない人はいない、グループによるハーモニーで競う、ネップチューンが出るテレビ番組ですね。

審査員の中にリトルグリーモンスターもいて、エンディングにこの曲も歌っておりました。なお、リトルグリーモンスターは、動画の5人の時代から2人脱退し、3人新規メンバーが増え、現在6人体制です。

まあでも、なんだかんだ言っても、その道でプロとして選ばれたリトグリの歌唱力は、凄いという感じでした。

カテゴリー
楽器

【全日本ピアノコンクール2023】対面だけでなく動画エントリー可

こちらの記事にはプロモーションが含まれます。

「対面×収録」のハイブリッド審査を採用する、全日本ピアノコンクール。 エントリーは「会場演奏」と「動画提出」から選択可能です。時代の変化とニーズに合わせ、公平性・透明性の追求を続けています。 わたしたちが目指すのは、アジアNo.1のコンクール。クラシック音楽界に革命と躍動をもたらす2023年度の幕が、いよいよ上がります。

私達の生活が大きく変わった2020年に、日本初の動画審査を対象としたコンクールとして誕生しました。「対面審査」「動画審査」から選ぶことができます。

私もこのことをブログの広告から見つけました。ジャンルは、ソロ部門(13部門)と連弾部門(3部門)があります。

  • 未就学
  • 小学校低学年(1、2年)
  • 小学校中学年(3、4年)
  • 小学校高学年(5、6年)
  • 中学生
  • 高校生
  • 大学生、院生
  • 一般プロU30(30歳以下)
  • 一般プロU55(31歳~55歳)
  • 一般プロO56(56歳以上)
  • 一般U30(30歳以下)
  • 一般U55(31歳~55歳)
  • 一般O56(56歳以上)
  • 連弾U12(12歳以下)
  • 連弾U30(13~30歳)
  • 連弾O31(31歳以上)

地区大会を全国の多くの箇所で行い、通過した人がブロック大会へと進み、最終は全国大会になります。

この全国的なピアノコンクールで一番特筆すべきは、動画でのエントリーが可能ということでしょう。

つまり自宅にいながらコンクールに参加することができるということです。

このコンクールができたのは、コロナが拡大し始めた2020年です。人との接触、移動により感染が拡大することについて、皆が心配し、恐怖を覚えたそんな事情の中で、全てに人に平等に機会が与えられる。それが動画によるエントリーだったんですね。

自宅にいながらエントリーができます。動画は自身が演奏する様子を、顔や演奏風景が分かるアングルで撮影した後で、YouTubeにアップロードさせます。アップの際は公開でも、リンクが知っている人だけ見られる限定公開でもどちらでもいいようです。

勿論コンクールですので、動画の編集はNGです。ただ、動画の一番のメリットは、ベストな演奏ができるまで、何度でも撮り直しができるということですね。

オリンピックの選手だって、普段100回したら100回成功することが、緊張により失敗してしまう、なんてことがあります。多くの観客がいる会場なら、誰だって我を見失うなんてことになりますよね。

また、会場へのアクセスのための移動費用もかかりません。

ピアノをしている人の8割が子供ということです。それだけ子供の習い事としてピアノが不動の地位ということですね。

子供がピアノを習っている方は、「のだめ」目指す、子供の晴れ舞台として、是非とも検討してみてはいかがでしょうか?

部門の「一般プロ」はピアノを教えることを職業としているという意味のようです。他、「一般」の部門でも、音大を出ているなどある一定の条件があるようですので、詳しくは、下のリンクから入ってもらい、確認してみてください。

地区大会の動画投稿の締め切りは2023年8月31日です。もう既にエントリー可能です。夢を追いかけられることは、幸せなことですね。

カテゴリー
日常

いがぶら2023年1月8日、三重県伊賀市プラムスターにてのど自慢

本日は、久しぶりに日常のことを書きます。

2023年1月8日日曜日に、三重県伊賀市寺町にあります、「カラオケライブ梅星~プラムスター」にて、いがぶら、という伊賀を活性化しようという伊賀市主催の企画の一つとして、のど自慢大会がありました。

いがぶら 公式Web (igabura.com)

いがぶら|会場は理髪店!?楽しく歌おう♪「いがぶらのど自慢」 (igabura.com)

この前も上げましたが、今回も自分の歌う動画を上げます。

「オリビアを聴きながら」という曲を歌わせてもらいました。この日は、結構たくさんの方が来場しているとあり、気合が入ったのがよかったのかもしれません。

95点代の高得点が出ました。90点代なんて、一年で数えるぐらいしか出ません。12月のいがぶら、のど自慢大会では93点代ですが、最近本番で調子がいいです。

95点代は、2年ぶりかもしれません。

誤解のないように言いますが、テレビでよくやっている採点はDAMの精密採点で、こちらは、ジョイサウンドの採点ゲームの中でも甘い方の採点なので、テレビとは比較しないでください。

私はDAMでは最高87点ぐらいです。

のど自慢大会では、私は、この店の常連の一人としてビデオ撮影係を務めました。そういうこともあり、こうやって自分の歌う動画をアップできていたりします。

本当に、歌って不思議ですよね。上手く歌おうと思ったとき、全然得点とか上がらなかったりするのですが、得点なんていいから気持ちよく歌おうと思って歌えば、意外と得点が出たりします。

でも結局今回も、トップ賞は取れませんでした。96点代が出たからです。この日初めて来られた、遠方から来られた方が取られました。

まあでも、常連の人がトップ取るより、初めての人に取ってもらった方が、場は盛り上がるから、よかったです。

乾燥こんにゃく米『ゼンライス』

今から全くもって、どうでもいい話をします。私はカラオケとしては、最近ではこの店ぐらいしか行っていないのですが、この店のカラオケはジョイサウンドなのですが、

カラオケで背景のイメージ画像として動画が流れますが、今まさに映っているこの、俳優さんがタイプです。憂鬱な顔、笑った顔、いろんな表情の演技が上手くて引き込まれます。

ただ、「ジョイサウンド、動画」など検索しても、誰が演技しているのかは調べ方が分からないです。この人が出演する動画はジョイサウンドの中で、6パターンぐらいあるのですが、出ると得したようで、嬉しくなります。

本当に、私以外には、何の足しにもならない話でした。普段DTMについて真面目に書いていますが、たまには日常のことなど書いています。日常を書くのは、前準備などあまりいらないので、作業時間は圧倒的に少なくなります。

DTMについてブログを書くときは、音のデータや、パソコン画面のスクリーンショットの画像加工など、の前準備も含めて、3時間から5時間はかかります。

日常の場合は短いときは1時間でかけますから、負担が全く違うのですね。

日常を書くときは、自分にとって休日のような感覚ですね。

スカイパックツアーズ