カテゴリー
日常 自作曲紹介

自宅にて窪津さんボーカル録音、「ふるさと」オリジナル曲

「ふるさと」という曲は長沢和久さんの作詞に私が曲をつけさせていただきましたが、以前北折哲也さんに歌ってもらい、YouTubeで動画を配信させていただきました。

その曲を歌ってみたいと提案があった窪津文彦さんに、今回自宅にて「ふるさと」のボーカル録音を、2024年2月4日にしてもらいました。

DSC_0014

録音前に、カラオケライブ梅星~プラムスターにて、シンガーの梅あいりさんによるボーカルレッスンも受けてもらい、意欲的に取り組んでいただきました。

お土産で保津川あられ本舗の「ふるさと」という名前の和菓子の土産をチョイスするあたり、さすがだなあと感心させられました。

DSC_0001

ボーカル録音してもらい、ミックスダウンして、CDとして渡させていただきました。前に映っていますのが窪津さんになります。

録音からCD作成まで3時間ほどかかりまして、その後、久しぶりの外食となります王将で食事を一緒にしました。

DSC_0013

王将での食事は二年ぶりぐらいになるかもしれません。久しぶりに食べると、ラーメンの味が以前食べたときと違い、一般的なラーメン繁盛店と肩を並べるほど、本格的な味になっている気がしました。

今回、ブログへの掲載大丈夫と許可を得まして、書かせていただいております。窪津さん本人でもYouTubeでチャンネルもっていまして、紹介させいたただきました。「クボツ フミヒコ」で検索できます。

カテゴリー
DTM初心者向け

ボーカル録音機器はコンデンサーマイクの他、これだけは揃えよう!

DSC_0187

こちらの記事はプロモーションを含みます。

今回は、ボーカルの録音に必要な機器について解説します。

コンデンサーマイクでの録音の仕方については、この前の動画を参照してください。下のリンクから見られます。

投稿を編集 “コンデンサーマイクを使っての宅録の方法、機材説明” ‹ GoronyanのDTMマインド~音楽と日常のこと — WordPress (thegoronyan25.com)

ボーカル録音のときには、上の画像のように、マイクスタンドの他に、サウンドシールドと呼ばれる吸音材、そしてポップガードがあれば、ベストですね。

サウンドシールドは、マイク近くの部屋の反響音を吸収してくれ、よりクリアにボーカルが録音できます。

ポップガードは、YouTubeの動画などで、歌手の方が歌っているとき、マイクと口の間に網のようなものが入った丸い物があるのを見た人も多いかとは思います。

これは、歌うときにフッと息がかかるときのノイズを軽減してくれます。これがないと、折角録音したのに、雑音が入ったので撮り直しということになりかねません。

サウンドシールドは私は、「マランツ プロフェッショナル サウンド シールド」というのを使っております。マイクスタンドに設置可能です。

楽天市場などで購入できます。以下のリンクから閲覧できます。

またポップガードについては、私が使っているタイプではなく、もっといいのが出ているみたいです。楽天のポップガードのランキング1位の製品がこちらになります。

見た感じ、物凄く使いやすそうで、なおかつ見た目がスタイリッシュですね。下のリンクから閲覧できます。

マイクスタンドのオススメは私も使っているこちらになります。とても使いやすいですね。値段もお手頃です。